この地は、その昔、福沢諭吉氏が愛した一角であり、園の玄関のシンボルツリーの楠の木や園庭の楠の木は、諭吉氏の指示により植培されたと云われています。 又、楠の木は空気を浄化し、爽やかな風を送る木。園の隣には、諭吉の書院がありました。

明照幼稚園は2014年に創立60周年を迎え、卒園生は5301人に達しています。
第1回目の卒園生は65歳を過ぎ親子3世代に渡る通園風景も見られる様になってきました。
色々な社会情勢の中、ここまでこれましたのも、地域の皆様と一本一本厚い信頼関係を積み上げて来られました賜物と感謝しています。
又それが「園の宝」でもあります。
日々園児に寄り添い続けた60年の歴史の上にも"時代と共に進み行く" 「真にこどもが幸せな幼児期を送ることができる園」を 創って行きたいと思います。

明照幼稚園 園歌 作詞 作曲 森繁久彌 

1)ピッコロひばりが鳴きました。
  お寺のお道はテクテクホイ
 *ぼくらは元気だバンバンバン
  わたしも元気よトラッタッタ
  だいすき だいすき 幼稚園
  うれしい うれしい 幼稚園
  めいしょうの子 よい子です*

2)ポッカリ白いな今日の雲
  ポタポタお汗は夏の道
  *リピート*

3)コンコンこぎつね裏の山
  ひらりこ落ち葉がふってきた
 *リピート*

4)チッチク痛いな北風さん
  ピュウピュウ吹いてる冬の朝
  *リピート* 

森繁久彌氏との御縁

明照幼稚園の園歌は文化勲章や国民栄誉賞を受章された国民的名優森繁久彌さんより、園や園長との御縁で創作されました。
又、氏より「明照幼稚園は森繁久彌推奨の幼稚園」とお言葉を頂いております。



森繁久彌氏の楽譜

明照ではこのような活動をしています。

園ではNPO法人「アジアの子供達の就学を支援する会」
の活動を応援しています。
Mothers to Mothers という支援で
カンボジアのお母さん達が1針1針心をこめて縫った
手作りのお着替え袋等をお祝いにさしあげたりしています。

明照幼稚園のメインキャラクターのメイちゃんとショウちゃんはNPO法人「日本ぬいぐるみ協会」より寄贈されました。
手作りのぬくもりから、お友達に大人気のマスコットに!!
メイちゃんショウちゃんと触れ合う皆のお顔から笑顔がこぼれます。
毎朝、ごあいさつする園児の姿もみられますよ♪
今回のホームページにもマスコットとして随所に登場して紹介して貰いましょう♪

明照幼稚園では大型バス2台(ロケット号・パンダ号)小型バス2台(ラビット号・風船号)と計4台で葉山町・逗子市・横須賀市と運行しております。

▲ページのトップへ